過保護・過干渉を続けると・・・

愛犬を可愛いと思うあまり、ついついやりすぎてしまうお世話…過保護・過干渉になっていませんか?

過保護・過干渉をしていると悪い影響を与えてしまう場合があります

・過保護の悪影響
ワガママになっちゃう、太りやすくなる、ストレスに弱くなっちゃう

・過干渉の悪影響
無気力で鬱のような状態になりやすい、ストレスによる問題行動を起こしやすい、心臓への負担が大きく病気になりやすくなる

過保護・過干渉と思われる飼い主さんの行動

・痛くないから噛まれてもガマン
・抱っこやカートで散歩する(通常の散歩ができない子は除く)
・ごはんの時口元まで持っていく
・ごはんのトッピングを毎日変えている

【過干渉】

【過干渉】

・ずっとサークルで飼っている
・毎日シャンプーをする
・可愛くしたいからいつもお洋服を着せている
・寝ていたらそっとお布団をかけてあげる

もちろん必要の範囲内ならやっても良いことがほとんどなのですが問題はやりすぎていること!!ワンちゃんにとって本当に必要なのかを考えてあげてみてください。

関連するまとめ

気を付けて!!過保護・過干渉はダメ犬になる?!

愛犬は可愛すぎる♡毎日見ているのにあきない可愛さ♡♡見つめられる...

POOLU

子犬の「社会化期」ってどんな時期?ー社会化期に気をつけたいことー

「子犬の社会化期」とはよく聞く言葉のひとつだと思います。それでは...

mikan2015

コーギーを迎え入れる前に知っておきたい!!3つのしつけのポイント!

コーギーを迎え入れる前に知っておきたい基本的なおすわり・まて・ふ...

ぼーこ
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑