散歩のコースを変える

いつもの散歩コースがお決まりコースでしたら、
いつものコースの逆回りコースを散歩する。または、全く違うコースを散歩するようにしましょう!
今までみたこともない風景、初めて感じるにおいなど、犬に大きな刺激を与えることが出来ます。
散歩コースに変化をつけることで犬の脳は活性化され、脳が衰えにくくなります。

スキンシップを取る

犬は孤独が嫌いで寂しがり屋です。しっかりスキンシップをとって、寂しくないように育てましょう。スキンシップが少ないと犬は不満が溜まってきます…(´・ω・`)

家族に囲まれていたほうが、多くの人に可愛がってもらえるので、よりいいそうです!

笑顔で褒める

『よしよし偉いぞ!!』と笑顔で飼い主が褒めてくれれば、犬はやる気になり、今までより活動的になります。結果、多くの刺激に触れ、動いて筋肉も鍛えられ、健康につながります。

ストレスをかけないように

犬にとっての適量な散歩量じゃないと、『もっと散歩したい、走りたい。』or『もう歩きたくないよ~』と不満やストレスになってきます。犬種やその子によっても違うので気を付けましょう。
室外犬は四季の温度のストレスを感じます。寒さに弱い犬、暑さに弱い犬、など把握してそれなりの対応が必要となります。
また、多くの人に触られるのが好きでない子など、犬も性格があるので、日頃からよく愛犬を観察して判断する必要があります。

食事の量は腹八分目

関連するまとめ

犬を飼うならトイプードルがおすすめ!その理由は?

トイプードルって飼いやすいって言うけどどんなところが飼いやすいの...

poco

滝川クリステルさんも応援!ペットの殺処分ゼロを目指すFoster(フォスター)って何?

8月8日に開催されたフォスターアカデミーに参加させていただきまし...

nocchi

ワイルドでパワフル、番犬には理想的だけどリスクもある犬種とは?

主に番犬として飼われる大型犬は飼い主に忠実で賢いのですが、警戒心...

ミンク
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命