万能選手ローズマリーの用途とは?

ローズマリーに含まれるロスマリン酸には、抗菌、殺菌、酸化防止作用があります。この主成分を利用して、肉や魚料理の臭みとりに使われています。
最近では、ドッグフードの酸化防止にローズマリーが使われているので、ご存知の方も多いと思います。

その他にも新陳代謝を促進する作用や空気の浄化、消臭や防虫にも役に立ちます。

自宅の庭やベランダガーデンで育てたローズマリーをフレッシュのままお部屋に吊るしたり、カゴなどに入れておくと、気になる犬たちの匂いなどの消臭に効果を発揮してくれます。

また、フランスなどでは昔からローズマリーを魔除けとして使われていました。

夏の疲れを取り冬支度にむけてローズマリーを!

ローズマリーの香りには、自律神経のバランスを整える効果があります。新鮮なローズマリーの香りは、犬たちをリフレッシュしてくれます。

また、飲用することで消化器系、循環器系に役立つハーブとして知られています。肝機能の活性化、解毒作用などをはじめ、食欲不振、消化不良、便秘、循環器不全による活力の低下などに効果があります。

夏の暑さから来る肝臓の疲れ、心臓への負担などを軽減して、食欲の秋に向けて体調を整えてあげましょう。

リンスや温(冷)湿布としても効果を発揮。

ローズマリーのハーブティーをシャンプー後のリンスとして使用すると、被毛の生え変わりをスムーズにしてくれます。また、健康な被毛の再生を助けてくれるので、換毛期を迎えた犬たちにぜひ使用してあげて下さい。

その際には、少量のアップルビネガーや植物性のグリセリンをプラスすると保湿効果も高まります。

また、ハーブティーをタオルに含ませて首筋や関節などを温めてあげる温湿布(冷湿布)も、フリスビーなどのドッグスポーツ後や激しく遊んだあとの筋肉疲労を和らげるのに役立ちます。

お出かけの時には、ローズマリーおしぼりをお散歩バッグに忍ばせておくと良いですね。

*ローズマリー使用の際の注意点

関連するまとめ

身近なハーブで愛犬で健康にしてあげましょう。〜若返りのハーブ”ローズマリー”〜

最近では、私たちの生活のさまざまなシーンに密着してきているハーブ...

senamama

身近な食材でワンちゃんを元気に!〜ネバネバ野菜:里芋〜

私たちが食べても美味しいネバネバ野菜、実は犬たちも大好きな食材の...

senamama

ジャックラッセルテリアの寿命は?ジャックのかかりやすい病気や健康管理について

ここでは、ジャックラッセルテリアの気になる寿命、糖尿病や膝蓋骨脱...

u-tan
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑