子犬の「社会化期」について知ろう♪

生後3~16週齡は「社会化期」と呼ばれる時期になります。「社会化期」とは子犬が犬や人間との関わりを通して、いろんなものを学習し、適応していく時期です。この時期は怖いより好奇心が優っている時期で、いろんなことを積極的に学んでいきます。

社会化期に刺激のない生活を送ると、社会性が低く、臆病でいろんな刺激に敏感な犬になりやすい傾向があります。適切な「社会化期」を送ることが子犬の将来のためにとても大切です。

「社会化期」に注意することは?

楽しいものとセットにいろいろな経験をさせること

「社会化期」に必要なのは、犬にいろんなものと触れ合わせ、「これは安心だよ♪楽しいよ♪」という経験して教えてあげることです。

そのためポイントは、新しいことと楽しいことをセットにしながらいろんな経験をさせることです。楽しいこととは、おやつや飼い主さんからの声かけ、そのほか子犬が喜ぶことならなんでも大丈夫です。いろんな人におやつをもらったり、かわいがってもらうことで人を怖がらないようになります。

車の音や掃除機の音を聞きながらおやつをもらったり、なでてもらうと大きな音を怖がらないようになります。

全身を触られることに慣れてもらおう!

「いろんな経験」の中には、スキンシップも含まれています。社会化期に飼い主さん以外の人にも触れてもらうことにより、社交的なわんちゃんに育てるのです。

また、飼い主さんとのスキンシップも非常に重要となってきます。この時期に飼い主さんが行うべきスキンシップは、「全身のどこを触っても怒らないよう慣れさせる」ことです。

特に、口元や肛門の付近はわんちゃんが特に嫌がるポイントとなります。しかし、この時期に触ることに慣れさせておかなければ、動物病院での検診にて、嫌がって暴れて一苦労…なんてことも。

まずは背中など、嫌がらない箇所から触ることに慣れてもらい、徐々に尻尾付近、口元、肛門付近などを触られることに慣れてもらいましょう。

飼い主さんもリラックスした状態で接しましょう!

関連するまとめ

他のわんこ達とも仲良くしてほしい!社交的な犬になる為に大事な子犬時代の育て方☆

わんちゃんのしつけは子犬のうちにしたほうが良い、とは分かっていて...

ちょび

泥棒に入られた?ワンコのはちゃめちゃ過ぎるいたずらの原因とその対処法☆

家に帰って来たら嵐が過ぎ去った後のように、部屋の中がぐちゃぐちゃ...

maco

パグの飼い方を知ろう!性格や特徴は?しつけは簡単に出来る?

なんだかいつも困っているようなお顔のパグちゃん。実はコアなパグフ...

まろらふ
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑