中世ヨーロッパ。絵画でしか見たことはありませんが、絵画でちょくちょく犬が登場します。この時代から愛さていた犬。
しかし!!犬はただ愛おしいから、可愛いから、だけで連れいたのではなかったそう・・・(ノ゚ρ゚)ノ

ちょっとお下品な意外な事実・・。

中世のヨーロッパでは、うんこは垂れ流していたそうです。 中世のヨーロッパでは、トイレでしたうんこも外に投げ捨てていたのだそうです。 中世のヨーロッパの貴婦人が履いている裾の長いまるっこいスカートのドレスは垂れ流しのうんこやオ○ッコを隠すためだそうです。 中世のヨーロッパの貴婦人たちはうんこを踏まないように、爪先立ちで歩いていたのだそうです。 そこで開発されたのがハイヒールです。

そして飼い豚が人のう〇こを食べていたそう・・・。ホントですかい!!

まぁ、100歩くらい譲って犬が食べてなくて良かった・・・(;´д`)

では、犬を連れて歩く理由とは・・・?

何とそれは“自分のオナラを犬のせいにするため”だったのだそうです!

まさかのまさか!!自分のおならを犬のせいに・・・。
それよりも、う〇こをそこらでするのは平気で、オナラをするのに気を使うなんて不思議ですな(´・ω・`)(笑)どっちも臭いじゃないかw

関連するまとめ

嗅覚は人間の100000000倍!私たちの安全を守る警察犬のお仕事大公開

犬たちが活躍するお仕事と言えば、何といっても警察犬ですよね!犯人...

maco

この子なんて犬?個性あふれるミックス犬の魅力【ダックス編】

ミックス犬の魅力紹介第2弾です。今回はミニチュアダックスフンド(...

miccr0

バーニーズマウンテンドッグってどんな犬?性格、特徴について

とにかく大きいバーニーズマウンテンドッグ☆ 落ち着いていて、小...

まろらふ
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑