何万頭もの犬たちがあなたを待っております

環境省によるとある調査の結果
平成16年 155,870
平成17年 138,599
平成18年 112,690

この数字は何を示しているかわかりますか?この数字は、動物好きであるならば誰もが関わっているものを示しております。
もしかすると、直接関わっている方もいるかもしれませんね。

これは、年間の犬の殺処分の数を表しております。
譲渡されている数でもなく、ただ、人間の都合で殺されていった犬の頭数なのです。
環境省の資料によるものですが、一部ではこれよりも多くの数字が記載されているところもあります。把握しきれていない部分も含まれると、上記の数字よりもかなり上回る頭数が殺処分されている可能性があります。
猫の殺処分も含めると、恐ろしい数字を目にする事になるでしょう。

おそらく、中にはチワワも含まれております。

平成の愛玩犬御三家と言われるチワワは、今でも人気の高い犬種のひとつです。人気があるという事はそれだけ流通しているという意味であり、また、捨てられていくチワワもそれだけ多くなるという意味でもあります。

ドリームボックス

直訳してしまえば、【夢の箱】
非常にメルヘンチックな言葉のように思えますが、果たしてそうでしょうか。

ドリームボックスは、犬を殺処分する為の小部屋です。
夢を少しでも見られるように、安らかに眠れるようにという意味があるとまことしやかに囁かれてはいますが、人間が勝手な都合で名前の響きを良くしただけであって、人間にとって都合の良い【ドリームボックス】なのです。

以前よりは減少しましたが、保健所での犬の殺処分の仕方は「安楽死で眠るように死ねる」と勘違いをしている人がまだ多くいるのです。
これも、【ドリームボックス】という名前のせいもあるのではないでしょうか。

勝手な解釈で好き勝手に犬や猫を捨てる人間がいるのです。
そもそも「安楽死だから」なんて理由で殺処分が許されるなんていう発想すらおかしいです。

ここから衝撃的な文章が続きます。ご注意ください。

イギリスの新聞「サンデー・ミラー」が暴く日本の殺処分 日本では、毎年25万頭の犬や猫がガスによって殺されている。 死を待つ、血統書付き秋田犬の子犬がケージを引っ掻く。 次の瞬間、子犬はガス室へと連れて行かれた。 子犬は今まさに繰り広げられるであろう恐怖から逃げ出そうと 痛々しくも必死でガラスを引っ掻く。 数分後、その秋田犬の子犬は、他の大勢の犬と共に ”ドリームボックス”と呼ばれる死刑執行室へ連れて行かれた。 そこでは二酸化炭素ガスが注入されていく。 「猫たちが苦し紛れにもらしたオシッコがザーザーと流れた。 ケースの中から、様々な毛色の猫たちが変わり果てた姿で落ちてきた。 ほとんどが子猫。 不妊手術を施していれば、生まれずに済んだ命なのに おいしいものも楽しいことも知らないうちに、もがいた格好で息絶えていた。」死のガスがゆっくりと箱の中を埋め尽くすと、10分ほど心臓を締め付けるような鳴き声をあげ そして七転八倒を繰り返し、さらに20分後、彼らのひっくり返った体はようやく動かなくなる。 この動物達は、こうして今年日本でガス殺処分されるであろう 23万+頭の犬猫の数の中に組み込まれた。 今回サンデー・ミラー紙の調査は、 日本では合法的、なおかつ国の行政機関が行っている このベルトコンベアー式虐殺について暴く。

関連するまとめ

犬にもあった!!楽しい休日の後のサザエさん症候群(土日病)

休日が終わろうとする時間帯に憂鬱になり、体調不良を訴えることを、...

ミー

飼い主さんなら分かっちゃう!?ワンちゃんのあるあるネタをまとめました☆

ワンちゃんと暮らしている飼い主さんなら思わず「わかる~!!」と言...

ももたす

ダックスフンドやコーギー☆短足犬種の魅力♡性格や特徴&気を付けたい病気について

短足犬種の代名詞と言えば、ダックスフンドとコーギーを思い浮かべる...

オリビア
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑