イチゴにはキシリトールが含まれている!

「危険」と言われている根拠はこのキシリトールです。キシリトールは犬にとってとても危険な成分です。

キシリトール入りのタブレットを食べたワンちゃんが肝障害を起こした、低血糖になった、死亡したなどとニュースが流れているので、ご存知の方も多いと思います。

このキシリトールがイチゴに含まれていることから、「イチゴは危険」説が出回っているようです。

イチゴに含まれているキシリトールの量は?

キシリトール「150mgでチワワが低血糖になった」というデータがあります。また。キシリトール4g/1kgの量で低血糖になったという例もあります。

イチゴに含まれているキシリトールの量は、100gあたり約40mg(約4%)です。イチゴ1パックが約350gなので、そこに含まれるキシリトールの量は140mg(14g)。

つまり、1kgのイチゴに40g含まれているので、10kgのワンちゃんが1kgのイチゴを食べると、低血糖になる可能性があると言うことになります。

関連するまとめ

ワンコももちろん一緒に!豪華にクリスマスパーティー開催しちゃいましょう♪

毎年クリスマスはどう過ごしていますか?愛犬と一緒にクリスマスを楽...

maco

ドッグフードの表示方法のルール、正しく知っていますか?〜part1〜

自分の大切な犬たちが毎日食べているドッグフード。完全ドライからウ...

senamama
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑