イチゴにはキシリトールが含まれている!

「危険」と言われている根拠はこのキシリトールです。キシリトールは犬にとってとても危険な成分です。

キシリトール入りのタブレットを食べたワンちゃんが肝障害を起こした、低血糖になった、死亡したなどとニュースが流れているので、ご存知の方も多いと思います。

このキシリトールがイチゴに含まれていることから、「イチゴは危険」説が出回っているようです。

イチゴに含まれているキシリトールの量は?

キシリトール「150mgでチワワが低血糖になった」というデータがあります。また。キシリトール4g/1kgの量で低血糖になったという例もあります。

イチゴに含まれているキシリトールの量は、100gあたり約40mg(約4%)です。イチゴ1パックが約350gなので、そこに含まれるキシリトールの量は140mg(14g)。

つまり、1kgのイチゴに40g含まれているので、10kgのワンちゃんが1kgのイチゴを食べると、低血糖になる可能性があると言うことになります。

関連するまとめ

そのドックフードで良いの?健康のために見直してみよう!厳選ドックフードBest5!!

人と一緒でワンちゃんの食事も大切です!! 毎日食べるもので、お腹...

tomopon

そんなにたくさん食べれる!?犬には豪華すぎるびっくりおせち料理☆

年末が近づくとおせちの予約やおせちの販売が始まると思います。 ...

maco

ご当地ペットフードが話題!長崎県の「ワンちゃんぽん」とは?

長崎の名物『ちゃんぽん』と『カステラ』に、犬用が!!お土産として...

miepon
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命