犬に伝わりやすい・伝わりにくい言葉とは?

犬のしつけには英語がいい?

その理由は、「言葉が短く犬が覚えやすい」「日本語と違いコマンドを統一できる」だと思います。たとえば座らせる場合、英語では「sit」ですが、日本語では「スワレ」や「オスワリ」等、言い回しが若干違う為、犬が覚えにくいのでは?という考えからでしょう。家族によって「スワレ」だったり「オスワリ」とバラバラになりやすいという理由もあるかと思われます。

伝わりにくい言葉

これらの言葉をしつけに使う方は少ないでしょうが、「あっち」「こっち」「そっち」「これ」「あれ」等は、人間でも戸惑います。(後述しますが我が家では使ってたりします(笑))
又、日本人て言葉に感情を込める事を日常行っていないので、全ての言葉(コマンド)を同じトーンで発しがちですよね。犬は言葉の意味よりも、どちらかというと、声のトーンでOKとNGを判断しているんではないでしょうか?

愛犬とのコミュニケーション力を上げるには?

コマンドは短めに

関連するまとめ

ゴールデンレトリバーの「しつけ」と「訓練」どう違うの?

最近では、「○○しつけ教室」「△△訓練学校」「××ドッグトレーニ...

senamama

正しくしつけないと大変なことに!?柴犬のしつけの際に気を付けたいこととは?

天然記念物にも指定されている柴犬は、日本国内のみならず海外でも大...

senamama

ミニチュアダックスフンドを迎え入れる前に知っておきたい!!4つのしつけのポイント!

キュートなその表情と胴長短足の愛らしい容姿から、常に人気犬種の上...

senamama
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑