熱い夏が終わり、
アスファルトの高温や熱中症に気をつかわずに
お散歩を楽しめる季節になりました。

犬には快適な冬ですが、
お家の中はどうでしょうか?

室内では人間用に暖房器具を使用するため、
「犬にとっては暑い」こともあります。

人にとっては快適な温度なので、
犬が暑がっていることに気づきにくいのです。

そこで起こってくるのが、冬の熱中症です。

冬の熱中症の症状としては、
・実は軽くのぼせている状態になる
・呼吸が荒くなる
・グッタリする
・食欲が低下する
・目に光がなくなり、ぼんやりする
です。

夏の高温による熱中症のように重篤化することは
あまりないようです。

冬の熱中症の原因としては、
・犬にとってはあったかすぎる室温
・暖房のため部屋が閉め切られ、涼しい場所に逃げられない
・外気温が低いため水分をあまり飲まなくなる
です。

夏ほどは犬も暑さを感じないため、
水を飲む量が減ってしまう子も多いそうです。

冬の熱中症の予防法としては、
・窓を開けるなどして部屋の気温を下げる
・水分を十分に与える
・部屋を閉め切らず、犬が通れるくらい開けておく
・お留守番のときには暖房の温度を少し低めに設定する
です。

季節を問わず、次のような犬は
特に熱中症になりやすい傾向があります。

・短頭種の犬
・北方が原産の犬
・太っている犬
・子犬や老犬
・心臓や呼吸器が弱い犬

関連するまとめ

『ホウ酸水』や『ローション』で涙やけにサヨナラ~!改善方法を徹底解説

『涙やけ』、白いワンコには大敵ですよね?毛色が白じゃなくても淡色...

ゆずぽん

トイプードルの魅力ってなに?飼いやすいといわれる理由を調べてみた☆

ペットとして人気があるトイプードル。その人気の秘密は可愛さだけで...

はやま犬

【簡単】こまめにしてあげたい☆トイプードルのお手入れ方法

愛犬は健康であることが一番ですよね!まずは健康への第一歩として、...

はやま犬
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命