犬の虫歯(う歯)

犬の口の中はアルカリ性なので虫歯にはなりにくく、虫歯になることはほとんどありませんが、絶対に虫歯にならないわけではありません。

症状

症状

虫歯になると歯の色が茶色や黒く変色して穴があき、痛みでごはんが食べられなかったり元気がなくなったりします。

虫歯が進行している場合は抜歯することもあります。

犬の歯周病

歯周病とは?

歯周病とは?

歯肉炎と歯周炎をまとめて歯周病と言います。

歯周病になると犬の口臭がひどくなり、歯磨きをしている時に出血したり、歯がぐらぐらして歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉炎

歯肉炎

歯肉が炎症して赤く腫れて歯磨きをしたりすると出血しやすくなるのが歯肉炎です。

歯周炎

歯周炎

歯肉炎がさらに悪化して歯の周りから膿が出るようになった状態が歯周炎です。

原因

原因

歯垢内の細菌が原因で、歯垢をそのままにしてしまうと口の中で細菌は繁殖して歯周病になってしまいます。

歯垢をそのままにしておくと数日で歯石になり、ザラザラになった表面にまた歯垢がくっついて歯石になってしまい歯周病は悪化してしまいます。

歯周病を放っておかないで!

歯周病を放っておかないで!

歯周病を放っておくと歯肉の炎症が広がり歯肉に穴があいてしまったり、骨を溶かして目の下の頬に穴があいてしまうこともあります。

他にも細菌が血管に入ってしまい、心臓など他の臓器の病気の原因になってしまうこともあります。

関連するまとめ

身近なハーブで愛犬で健康にしてあげましょう。〜若返りのハーブ”ローズマリー”〜

最近では、私たちの生活のさまざまなシーンに密着してきているハーブ...

senamama

太陽は万能薬!?実は【ひなたぼっこ】は大切なことだった

寒い季節、犬たちもおウチの中に飼い主さんと一緒に閉じこもりがちに...

senamama

ジャックラッセルテリアの寿命は?ジャックのかかりやすい病気や健康管理について

ここでは、ジャックラッセルテリアの気になる寿命、糖尿病や膝蓋骨脱...

u-tan
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑