犬は群れで暮らしていた動物のため、リーダーは誰か、自分より弱いのは誰か、と順位をつけようとします。日常生活であなたは見られていますよ。
毎日の散歩や遊びの仕方で主従関係が逆転しているかもしれません。あなたと愛犬との主従関係をチェックしてみましょう!!

チェック①腰をすんなり下ろせるか?

腰を下におろすように手で押されてみてください。
お座りの体勢に犬がなったら、あなたの事を自分より強い存在だと見てくれているはずです。
・嫌がる
・腰をおとさない
・噛みつく
などをされたなら、愛犬よりも下に見られている証拠です。

チェック②肉球を触れるか?

肉球は犬にとってとても敏感な場所です。前足の肉球は特に!犬にとったら触られたくない急所の一つです。その肉球を触らせるのは、信頼している人にだけです。

チェック③頭をなでた時耳は寝ているか?

関連するまとめ

試してみよう!ワンちゃんの興奮を抑える方法☆

愛犬の興奮による問題行動、一体何が原因なのでしょうか?原因をはっ...

♡Rikapigu.

愛犬が問題行動をしたら早く対処をしましょう☆【無駄吠え・噛む編】

吠える・噛むは犬の習性ですが、習性だからと言ってそのままにしてい...

ぼーこ

ミニチュアダックスフンドってよく吠える犬?性格を踏まえたしつけのコツについて

ミニチュアダックスフンドは、その小さい身体のために愛玩犬と勘違い...

オリビア
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑