犬は群れで暮らしていた動物のため、リーダーは誰か、自分より弱いのは誰か、と順位をつけようとします。日常生活であなたは見られていますよ。
毎日の散歩や遊びの仕方で主従関係が逆転しているかもしれません。あなたと愛犬との主従関係をチェックしてみましょう!!

チェック①腰をすんなり下ろせるか?

腰を下におろすように手で押されてみてください。
お座りの体勢に犬がなったら、あなたの事を自分より強い存在だと見てくれているはずです。
・嫌がる
・腰をおとさない
・噛みつく
などをされたなら、愛犬よりも下に見られている証拠です。

チェック②肉球を触れるか?

肉球は犬にとってとても敏感な場所です。前足の肉球は特に!犬にとったら触られたくない急所の一つです。その肉球を触らせるのは、信頼している人にだけです。

チェック③頭をなでた時耳は寝ているか?

関連するまとめ

同じ立場はNG!主従関係を子犬にわからせる方法☆

わんちゃんを飼う上でしつけは大事といいますよね。その中でも、飼い...

maco

コーギーを迎え入れる前に知っておきたい!!3つのしつけのポイント!

コーギーを迎え入れる前に知っておきたい基本的なおすわり・まて・ふ...

ぼーこ

ミニチュアダックスフンドを迎え入れる前に知っておきたい!!4つのしつけのポイント!

キュートなその表情と胴長短足の愛らしい容姿から、常に人気犬種の上...

senamama
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑