チワワは被毛の長さによって、大きく2種類にわけられます。どちらもそれぞれで特徴や魅力があります!

ロングコートとスムースコートの違いをざっくり言うと?

ロングコートチワワとスムースコートチワワの違いとは…誰もが口をそろえて言うでしょう。

まずその外見です。
ロングコートチワワはふわふわと柔らかく長い被毛が全身を覆っているのですが、スムースコートチワワの場合は、はっきり言ってふわふわの被毛に覆われているとは言い難いです。

すっきりスレンダーな印象のスムースコートチワワに、ゴージャスな印象のロングコートチワワ。
印象がそれぞれ異なるかと思われます。
これからチワワを飼うという方には、完全に好みで選ぶしか…とは思わないようにして下さい。

ロングコートチワワにはその子の良さ。
スムースコートチワワにはその子の良さがそれぞれあります。
それは飼い方であったり、性格であったり、実は意外にも違いが結構あるのです。
これから飼いたいという方にはぜひ、ロングとスムースの違いを知っておくと良いでしょう!

ロングコートチワワ

ロングコートチワワの性格から見る特徴
警戒心が強く、気が強い為、敵に対して勇敢に立ち向う(ただし内心怖がっている事もあり)。番犬として優秀とされるが、残念ながら小さな身体である事と、寒さに弱い事から外飼いは不可能。
ロングコートチワワは、スムースコートチワワと比べて従順である子が多い。好奇心旺盛で賢く、甘えん坊な印象が強い

実は、ロングコートチワワはもともとスムースコートチワワと一緒に最初から存在していたわけではありません。
最初に発見されたチワワはスムースコート。それから品種改良を重ねてロングコートチワワが誕生したのです。

紀元15世紀ころには初めてアメリカ大陸を訪れたコロンブスによって報告されていますが、コロンブス亡き後、16世紀のスペイン軍による南米侵攻の際に、テチチたち行き場を失ってしまい、滅亡の危機にさらされました。 長い間消息が分からなくなっていたテチチは、1850年になって発見されました。3頭のテチチたちが見つかったその地はメキシコのチワワという町で、ここから彼らの犬種として改めてスタートすることになりました。 チワワたちの発見者はアメリカ人で、国に持ち帰られて犬種の固定化が図られることになったのです。 この時のチワワたちはスムースコートで、その後50年をかけて繁殖と育種が行われる中で、ロングコートチワワが誕生したのは20世紀に入ってからと言われています。

関連するまとめ

子どもがいる家庭でワンちゃんを飼う☆子どもにどんな影響が?☆

子どもがいる家庭でワンちゃんを飼うと、子どもにどのような影響があ...

Mamitasu

ママはヒーロー!!火事から子犬を救った、賢く勇敢な母犬

突然発生した住宅火災のなか、5匹の子犬を救い出した母犬アマンダを...

ホタル

赤ちゃんと一緒に洗濯に挑戦するビーグル犬♡なんでも1人と1匹でできるよ!

生まれたときから仲良しの赤ちゃんとビーグル犬。 いつも優しく子守...

ホタル
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑