アメリカのカリフォルニア州で、生後6ヶ月の子犬が、大量出血の状態で発見されました。

レントゲンを撮ったところ、18発ものBB弾が打ち込まれていたことがわかりました。
あまりにもショッキングなニュースで言葉を失います。

まずBB弾とはなんなのか?
BB弾とはエアガンを使って遊ぶ時に使用する玉で、4.5mm~13mmとサイズがあるようです。
エアガンは適齢年齢でお金があれば誰でも買えるものです。

そしてBB弾は体に貫通するほど危険なものなのか・・・?
至近距離で当たるとやはりかなり痛いらしく、歯に当たり折れたということもあるようです。
この子犬の当たり具合の様子を見ると、故意に近距離で撃ったことがわかります。

また、調査して分かったことは、この子犬は育児放棄された子犬だったこと。
精神的ダメージを受けていたところ、さらに肉体的にも傷つけられたのです。

犯人逮捕!子犬は回復し新しい家族のもとへ♡

しかし!!!
そんなひどいことをした犯人はちゃんと捕まりました!14歳と17歳の少年だったようです。子供でもやってはいけないことはありますよね<(`^´)>

そして!!!
このニュースを知って、病院には【数百件もの問い合わせ】がありました!

この子を引き取りたいと(>_<)
無事新たな飼い主さんが決まり、子犬には「ブロディ」というステキな名前もつけてもらえました♪

ブロディは今まで沢山傷ついてきたけど、数百人の人が「飼いたい」と申し出るほど【みんなから愛される子なんだよ。】

っということを教えてあげたいです。

関連するまとめ

カンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを獲得した犬の映画とは?

第67回カンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを獲得した『ホワ...

たけし

きっと出会えば虜になる♡魅惑のペキニーズ

ペキニーズってご存知ですか?独特の風貌と個性的な性格で、一度家族...

りきまる

ロングコートチワワとスムースコートチワワの性格、特徴の違い・チワワとの生活について

小型犬の中でも人気が高くて可愛くマイペースなチワワのロングコート...

ぼーこ
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑