常同行動って何?

皆さんは、「自分の尻尾を追いかける犬」や「動物園で同じ場所をグルグルと徘徊する動物」などを見かけたことはありませんか?それは、「常同行動」と呼ばれる、動物にとってのSOSかもしれません。

「常同行動」とは、「目的もなく同じ行為を繰り返す行動」を指します。それでは、「常同行動」とは一体どうして発生するのでしょうか?

どうして常同行動を行うの?

「常同行動」を行う理由としては、さまざまな理由が考えられ、一概に「コレ」と断定できるものはありません。あくまで「可能性」の範疇とはなりますが、以下のようなことが原因だと思われます。

  • 遊びたい欲求や運動したい欲求が満たされていない
  • 不慣れな環境に慣れようとしている
  • 飼い主さんとのスキンシップが不足している

上記のような理由でストレスが蓄積され、飼い主さんへのアピールや、「自身の安定化」を図ることをほぼ無意識に行っていることが「常同行動」です。

常同行動ってどんなものがあるの?

同じ場所をグルグルと徘徊する

動物園の動物が行っている光景を見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。なお、「ペーシング」とも呼ばれることがあります。

この行為は主に、「欲求が満たされていない」、あるいは「現状の環境に不満がある」ことで起こりやすいため、「遊ぶ時間を増やす」ことや「広い場所で思いっきり遊ばせて気分転換を図る」などの対策を行うことでおさまる可能性があります。

関連するまとめ

もしものために!愛犬のために備えたい防災アイテム

最近、大地震の予報などがいくつか出ています。自分たちの防災用品の...

ワンニャンルーム

犬だってキュンキュンしたい!?マンガの影響力がついにここまで・・・!

2014年に流行語大賞に入賞し、今なお進化を続けている「壁ドン」...

ねこママ

フレンチブルドッグのかかりやすい5つの病気・ケガと症状について

愛らしい表情で人気を博しているフレンチブルドッグ。 しかし、そ...

ねこママ
ブリーダーナビ 子猫ブリーダーナビ トリムトリム ペットの命 アニマル図鑑